弁護士に相談すれば有利になる、交通事故による慰謝料の計算

保険会社から示談の提示が送られてきたにもかかわらず、その内容の把握がイマイチできない、といったことはありませんか?あるいは、賠償金額の提示に疑問を抱くケースも出てくるでしょう。
このように、交通事故の慰謝料を計算した結果に不安や不満が生じた場合は問題を一人で抱えないで、とにかく専門の弁護士に相談するのが一番です。
そうすれば、これらの提示額が裁判所の基準より低いのか、高いのかがすぐに分かって助かるのは間違いありません。
とくに、保険会社というのは自分の会社がソンをしないように賠償金額の計算を抑え目にするような性質があります。
なので、あわてて書類にサインをする前に「もう少し検討してみます」と申し出ることが大切です。
回答を保留している間に、すみやかに専門の弁護士に問い合わせるとよいでしょう。
こちらにお任せすれば、治療費および通院日に関する問題がクリアできる上に逸失利益等も有利に計算してくれるに違いありません。


メニュー