胃の病気をできる限り予防しよう。

胃の主な病気と言えば胃の使い過ぎによって炎症を起こす胃炎や何らかの理由で胃に痛みが出る胃痛の他にも胃液の量が通常より多い胃酸過多の症状があります。
この症状は通常胃から出る胃液の量は通常は1日に約2.5リットルと言われています。
一見すると、この約2.5リットルが異常に出てしまったという原因を思い浮かべる方々がいると思われますが、これも原因の一つです。
もう一つの原因は、胃液の場合は酸性になっており、顔などの皮膚にかけてしまうとやけどを起こして溶かしてしまいます。
その胃を保護するために胃粘膜が存在しており、粘液はアルカリ性になっています。
つまり、胃は胃液と胃粘膜をバランスよく使用していることによって胃の機能を保っているのです。
しかし、この粘膜が減少してしまうと当然バランスが悪くなり、体調不良の原因にもなります。
実は胃袋は酸性に極端に弱く、胃液が多くなってしまうと簡単に胃に穴が開いてしまい、これが胃潰瘍になってしまいます。
逆に胃液の量が少ないと胃潰瘍にはなりませんが、栄養を吸収することができないことと、消化不良の原因になります。
この主な胃の原因はストレスにあると言われており、日常生活では中々直しにくいです。
最近は胃に効く漢方薬が販売されていますので、見てみてはいかがでしょう。

胃炎・胃痛・胃酸過多の緩和方法~漢方で治す術


メニュー