興味がある広告が多いのはアドネットワークの力?

今となっては、インターネットと企業広告というのは切っても切れない関係のものとなりました。
そんなインターネットを利用していると、表示される広告についてこのように思ったことはないでしょうか?「興味がある広告が多い」「一度見たことがあるサイトの広告が多い」というようなことです。
実感があるかどうかは分かりませんが、実はこれらは気のせいではなく、実際にそのように広告が表示されるようになっています。
それでは、何故このようなことが可能なのでしょうか? この情報については、インターネットマーケティングに詳しいサイトであるNDPマーケティングで知ることができます。
NDPマーケティングはその他にも様々なマーケティングについての情報を紹介しているため、一度ご覧になることをおすすめします。
さて、上記の答えですが、これに大きく関係しているのがアドネットワークという広告ネットワークシステムです。
アドネットワークが登場する以前は、インターネット広告というのはデマンド(広告主)とサプライ(メディア媒体)の直接契約によって成り立っているものでした。
これがアドネットワークが介入することにより、ネットワーク上で提供できるようになったのです。


メニュー