敷布団不要のマットレスはある?

高反発マットレスの多くは、敷布団やベッドマットレスの上に敷いて使用するようにつくられており、4cmほどの厚みがあります。
これに対し、モットンは10cmの厚さに設計されており、敷布団は不要でフローリングや畳に直接敷いて寝れるようになっています。
また、ベッドの上に敷くことで、ベッドマットレスの代用品として使用することも可能です。
モットンのWebページでは、いま使っているベッドマットレスを手放すときに、新しくモットンを買っている人が多いという情報を載せています。

また、十分な厚みがあることで体が支えられ、ピッタリとフィットします。
寝返りを打ったあとも良い睡眠姿勢を維持することができるため、快眠を得ることができるでしょう。
なお、寝返りが打ちにくいマットレスは、肩こりや腰痛を引き起こしたり、ひどくしたりする原因になってしまいます。
いま使用中のマットレスのせいでこうしたトラブルを抱えることになっている可能性もありますので、モットンへの買い替えを検討してみるのも良いでしょう。

https://xn--u9j216n1fmnw1a.jp/20171227-2015/


メニュー