焼酎の定義と、人気の理由

焼酎といえば、日本が誇るお酒の一種であり、とても人気の高い飲み物です。
酒税法という法律によって、明確に定義がされていて、その条件とは次の通りです。
発芽した穀類を使用せず、白樺の炭でろ過せず、蒸留時に定められたもの以外を添加しない、そしてアルコール度数は36度未満(連続式)ということです。
焼酎は、たびたび日本でブームを巻き起こしています。
種類もいくつかあり、芋焼酎や麦焼酎のような本格焼酎が人気です。
また、沖縄で有名な泡盛も焼酎の一種になります。
人気の理由は、コクのある味だけにとどまりません。
健康に良いという理由から焼酎を飲む人もおり、女性にも人気です。
効能が証明されていることの例として、血液がサラサラになることがあげられます。
血液の流れが悪くなると血栓症を引き起こし、心筋梗塞や脳梗塞などの恐ろしい病気に至ってしまいます。
この血栓症を予防するのに、焼酎は効果があります。
また、焼酎はカロリーが低いことも、肥満を意識する人にとっては魅力的に映ります。
焼酎には糖分は含まれず、ほとんどがアルコールから成り立っています。
このように、焼酎は体にとても優しいアルコール飲料であり、気持ちよく酔えることから人気があるのです。


メニュー