持続的な利益が望める代替エネルギー特化型ローンファンド

日本クラウド証券は、業界初の代替エネルギー特化型ローンファンドを提供する証券会社として注目しています。
電力自由化がスタートし、自分で電力会社を選べるようになりました。
ところが、ふたを開けてみると、これまでの電力会社しか選ぶことができない地域が多く、まだまだ本当の意味での自由化には至っていません。
それというのも、太陽光発電や風力発電などの場合、初期費用が高く発電事業を始めたいと考える中小企業があったとしても、すぐに始めることが難しいからです。
日本クラウド証券では、その初期費用を集めるためのファンドを業界で初めて手掛けています。
個人の小口資金を集めて大口化するクラウドファンディングの仕組みを利用すれば、多額の初期費用もすぐに集めることが可能です。
このファンドによって、風力発電の普及を助けることができ、個人投資家は社会貢献しながら大きなリターンを得ることができます。
世の中にはさまざまなファンドがありますが、このようなファンドは珍しいのではないでしょうか。


メニュー