電気料金の仕組みについて

現在、電気は誰もが絶対に必要なものです。
日本の電気は地域ごとに電力会社があり、その電力会社から配信してもらう以外方法はありません。
電気を買う時に、電気会社を選ぶことができない仕組みになっています。
日本では、地域ごとに東京電力・中部電力・関西電力・東北電力など地域ごとに分かれていて、各電力会社で料金が変わってきます。
実際にその電気料金は、どのような仕組みになっているのでしょうか。
工場や大きなビルなどは、別に自由に契約をして料金の安いところから仕入れることができますが、一般家庭や小さなコンビニなどは法律により規制されていて、総括原価方式という方法で電気力金は決められていて、自由に電気供給会社を選ぶことができなくなっています。
法律では、電気供給会社毎に経営の効率化を踏まえたうえで決められるもので、電気を安定的に供給する為に、必要となる原価を出してその原価と一緒になるように電気料金を徴収するようになっています。
基本的に電気供給会社は、利益を出さないようになっているはずです。
ただ、近年電気料金が高くなっていて、競争をさせるために電気の自由化がもうすぐ始まります。
電気の自由化で、地域ごとの指定の電気供給会社だけではなく、自由に利用者が供給会社を選べるようになります。


メニュー